Posted on

横浜で債務整理について相談できる事務所

横浜の加藤です。

横浜の法律関連の事務所とかを探しているところです。きっと僕は過払い金が戻ってくると思うので、専門家に相談して取り返してもらいたいです。

横浜で相談できる事務所ってどれくらいあるんだろうと思って最初は心配でしたが、ものすごい数があることがわかって逆に困ってしまっています。

そんな中で、参考になるページがあったので、備忘録的に載せておきますね。

http://www.債務整理横浜s.com/

このページは、ギャンブルで借金を作った人が書いているようですが、「過払い請求の金利には該当しなかったので、250万円が減額されることはありませんでした。」とのことです。相談してみて、うまくいかないケースもあるようです。

ただ、毎月の返済に金利がかからなくなったとも言っているので、相談するデメリットはなさそうです。自分では細かいところが全くわからないので、まずは話を聞いてみて、自分の場合は、どうなるのかを確認する必要がありますね。

これより借金や金利が増えることはないでしょうから失うものはありません。早めに相談してみないとです。

もう年末ですが、謝金問題を進展させて、2018年は良い年にしたいですよー!着実に全身している気はするので、コツコツ頑張るだけですね。

Posted on

10年経過すると過払い金が取り戻せなくなる?

借金返済について光が見えてきた加藤です。

過払い金についてですが、去年辺りはそこらじゅうで広告を見ませんでしたか?テレビでもラジオでも、「過払い金請求でお金が戻るかもしれません!」ということを謳っていて、「まずはお電話を、0120~」 みたいなのが多かったです。

ただ、最近あまり広告を見なくなりました。前回書いた法改正が2007年に行われたわけですが、10年以内ならお金が戻るということと関係がありそうなので調べてみました。

もう10年経過して2017年ですからね。もしかして僕はお金を取り戻せないのかな?と不安になってきたんです。

結論から言うと、大丈夫なようですね。10年というのもよく聞くのですが、これは、「借金返済完了」から10年という意味なので、この影響を受けるのは、2007年頃に完済した人です。それ以前に借金をしていた人は、過払い金が発生している可能性が高いので、それこそ、まずは0120~へ電話してみるのが良いですよ。

つまり、この10年と言うのは、まだ僕には関係ないんですね。ほっ。

僕もどこかの税理士事務所に電話してみようかと思います。そういえば、アディーレなんとかっていう事務所が業務停止命令を受けていましたっけ?きちんとした所に依頼しないと、せっかく戻ってくるはずの過払い金がどのような扱いを受けるのか気になります。半分くらい手数料として持っていかれちゃったりとか。(アディーレの詳細は知らないですけど)

有名所に依頼するのが一番なんでしょうね。僕はどれくらい戻ってくるのかな?トータルでは利子を払って損をしているわけですけど、なんだか戻ってくると得した気分になれそうです。

Posted on

過払い金について調べました

絶賛借金返済中の42歳、横浜住まいの加藤です。

前回、僕には過払い金があるのではないかという話をしましたが、過払い金の返還請求というのは債務整理の一種のようですね。

債務整理とは、膨れ上がった借金などの債務の問題を法律のプロである弁護士や司法書士に相談し、減額などの手続きを進めていくことです。過払い金の返還請求だけでなく、任意整理や個人再生、自己破産も債務整理に含まれます。

僕はまず過払い金がある可能性を疑っているので、過払い金について知識を付けることにしました。以下、調べたことなので備忘録も兼ねて書いておきます。

「過払い金」とは、前回も書いた通り、払いすぎたお金のことです。払いすぎている分に関しては、もちろん返還の請求ができるのです。

以前は出資法と利息制限法のそれぞれ定めている上限利率に開きがあり、利息制限法の上限金利を超えていても出資法で罰則が定められている金利以下である利率については、本来は無効だが罰せられないという状況になっていました。この範囲にある金利が、前回書いた「グレーゾーン金利」なのです。

これは法改正を経て解消されましたが、グレーゾーン金利のせいで余分に支払っていたお金、つまり払いすぎた利息は、利息制限法に基づいて引き直し計算という処理を行うことができます。払いすぎたお金を元本の返済へ充てることができるということですね。

過払い金の返還請求単体では事故扱いとはならないので、これだけで問題が解決すれば、信用情報へのダメージなく債務の整理が完了するということになります。そのため、過払い金がある可能性がある人は一度確認すると良いと言われています。僕も確認をしてみるべきなんだろうなと思っています。

ただし、引き直し計算をしても借金が残った場合は、その後の債務整理は任意整理などの手段で行っていくことになり、そうなるといわゆるブラックリストへ載るなどのデメリットが生じていくことになります。

法律関係の話になってくるので難しいですが、とても大事な債務整理手段なので、長い間借金の返済をしている人は知っておくべき知識だと思いました。

Posted on and Updated on

借金払いすぎ?

横浜に住む加藤です。42歳です。

20代の時にした借金を返済中なのはいいんですけど、どう計算してみてもなんか違うんですよね、もともとの返済予定の額と僕が支払ってる額が。

金利とか税金を計算した総支払額からしても明らかに多いんです。つまりは払いすぎてるって事ですね、きっと。というか払わされ過ぎてるって言った方がいいですかね。

なんですかね?昔の闇金じゃあるまいし、そういう事ってあるんですかね?そういえば最近テレビで過払い金の請求っていうCMを見ました。もしかしたら僕は過払い金があるのかもしれないです。

そこで過払い金っていうのを少し調べてみたんですけど、これは上限を超える利息を払い過ぎたもののようです。これは利息制限法の上限である金利18%以上を越えた場合のもののようで、グレーゾーン金利なんて言い方もするみたいです。

過払い金請求っていうのはこの払い過ぎた分を請求することのようです。払い過ぎた分に関しては戻ってきますって事みたいです。因みにどれくらいの期間で発生するのかっていうのも調べてみましたけど、大体取引年数が5年以上になると半数の人に発生してたみたいです。

僕が借金を返済し始めてから5年以上は経ってるので多分出てますよね、過払い金。ただ、デメリットも多いみたいで、そこはまた次にでも書きますね。